インフルエンザ予防にはリレンザ

リレンザは呼吸器官から治す薬でいつから効果が出るか

リレンザは、インフルエンザの治療薬です。
インフルエンザの治療薬は、ほかにもタミフル、イナビルがありますがタミ
フルは、錠剤で飲み薬です。
リレンザとイナビルは、吸入薬です。
インフルエンザウイルスは、呼吸したときに吸い込まれる場合が多く気道で
増殖します。
そのため、吸入薬を吸い込むことで気道のウィルスに直接張り付くので短い
時間でウィルスの増殖を抑えることができます。
インフルエンザに感染すると、呼吸器官で増殖し体内で増殖を繰り返して
体全体に広がっていきます。
体内でインフルエンザの感染と増殖を繰り返してピークを迎えると、体の外へ
放出され始めます。
そして、また感染と増殖を繰り返していくのです。
では、リレンザがいつから効果を発揮するのかといいますと、インフルエンザ
に感染してから48時間以内に服用することで体内のインフルエンザウィルス
の増殖と感染した呼吸器の治療が同時に行えます。
リレンザを使用したら、翌日にはもう楽になるといいますし、時間のかかった
方でも翌々日には楽になるといいますから、風邪の気配を感じたら念のため
病院で診察を受けておくとよいと思います。
特に、インフルエンザのはやっている時期には心がけたいものです。
ちなみに48時間を経過していても治療薬ということで出される場合が多いと
聞きます。
リレンザは、1日2回(朝・夜)吸入し計5日間処方されます。
吸入のしかたの説明を必ず受けて、1回目は受け取ったらすぐにその場で
吸入してよいと思います。
リレンザは、抗インフルエンザ治療薬の中で副作用の少ないお薬ですが、
インフルエンザのときは、高熱が出て意識が朦朧とする場合が多いのと、
もしかしたら、タミフルの副作用が出る場合も考えられるのでよく様子を見て
ください。