インフルエンザ予防にはリレンザ

ウイルスの大きさと除菌とリレンザを使用の注意点

インフルエンザは1月と3月に最も流行しやすい感染症でくしゃみや咳などの飛沫や空気により感染していきます。感染すると突然発熱が出て全身に倦怠感や筋肉痛を感じます。ものが食べられなくなり日常生活を送ることが困難になります。発熱してから48時間以内に行くと検査によりインフルエンザとわかり、リレンザなどの薬の使用を開始しますが、時期を逃してしまうと効き目が現れないことがあります。
インフルエンザは咳や鼻水の飛沫物にウイルスがまざり、それを取り入れたことによって発症します。潜伏期間は平均3日ほどですが、5日たってから発症することもあります。インフルエンザにかからないためには手の除菌に心がけたり、除菌力の強い食べ物の摂取、うがいがあります。緑茶には除菌力が強いとされているので、飲むだけでなくうがいとしても使用すると良いでしょう。その他には梅干しやきのこにもウイルスを撃退する力があります。
ウイルスの大きさを考えると空気清浄機はHEPAフィルターが搭載されているものが良いです。マスクに関してもウイルスの大きさを考えると一般的に販売されている不織布のマスクでは効果が薄いことがあります。ウイルスの大きさから考えるとN95マスクやナノフィルターのものを使うと良いですが、どのマスクの場合も取り外すときに注意が必要で、この時にマスクを持ってしまうとマスクの表面についているウイルスが手についてしまい、結果感染してしまいます。
高インフルエンザ薬であるリレンザは吸入する薬で主に10代の子どもに処方されています。細かいパウダー状のものを1日に2回、5日間吸入しますが、やり方が少し難しいためリレンザを子どもが使用する時は親が手助けをする必要があります。インフルエンザに感染しないようにするには手洗いとマスクの着用、湿度に気を配るようにします。