インフルエンザ予防にはリレンザ

インフルエンザの解熱後3日目のリレンザの後発医薬品

インフルエンザウイルスはRNAウイルスの一種です。このウイルスは集団感染を引き起こします。日本では毎年12月から2月ごろに流行期を迎えます。インフルエンザ感染症では高熱、寒気、節々の痛みといった症状が現れます。
この感染症の治療にはノイラミニダーゼ阻害薬が使用されます。ノイラミニダーゼ阻害薬はインフルエンザウイルスが宿主細胞から飛び出し他の宿主細胞へと移っていく脱殻という過程に必要なノイラミニダーゼ阻害を阻害することによってインフルエンザ感染症に対して治療効果を発揮します。ただし発症から48時間以内に薬を使用する必要があります。よって症状が現れたら直ちに病院を受診する必要があるのです。ノイラミニダーゼ阻害薬の代表例としてはタミフルという内服薬がありますが、タミフル使用中に異常行動が起こり、高層マンションから転落死する事故がありました。また近年はタミフル耐性ウイルスの出現が確認されたため、タミフル以外の薬が使用されるケースが目立ちます。
リレンザもノイラミニダーゼ阻害薬の代表格です。リレンザは吸入タイプの薬で、1日2回1回2吸入を5日間連続して使用する薬です。
リレンザの後発医薬品に関してですが、日本ではまだ後発医薬品は発売されていません。しかし海外ではビレンザ、ザナミビルという名前の後発医薬品が発売されています。
またインフルエンザ感染症の出席停止期間に関してですが、解熱から3日後、かつ発症から5日後の条件を満たした日から出席できるようになります。つまり解熱から3日経過していても発症から5日経過していなければ出席停止のままです。また発症から5日経過していても解熱から3日経過していなければ出席できません。