インフルエンザ予防にはリレンザ

インフルエンザの前兆には痛くないリレンザで治す

インフルエンザに感染すると、38度以上もの高熱が出たり、ひどい頭痛や筋肉痛が起こったり、のどの痛みや目の充血、下痢、腹痛などの症状が起こるので、寝ているだけでも苦しい状態になります。
子供がそのような状態になると、保護者としては見ているだけでも辛くなってしまうので、インフルエンザ予防のため、注射を受けさせる方も少なくありません。
予防注射はたしかに効果はありますが、針を刺すときに痛みがあるので、嫌がる子供がほとんどです。
大人でも注射が苦手な人は多いので、痛くないインフルエンザ対策はないかとお探しの方があれば、リレンザという吸入薬を使用することをおすすめします。
リレンザは気道に直接薬剤をあてることで、インフルエンザウイルスの増殖を抑えられる効果があるので、病気が悪化する前に治療することが出来ます。
吸入薬は、吸い込むのにコツが必要なだけで、注射のようには痛くないので、子供も大人も安心して使用出来るのが魅力です。
痛くないインフルエンザ対策をお探しの方には向いている薬なので、咳が出たり、のどが痛くなるなどのインフルエンザの前兆があらわれたら、早めに吸入するようにしてください。
リレンザはインフルエンザ発症から48時間以内に使用しないと、効果がない薬なので、インフルエンザの前兆があらわれたら、迷うことなく使うことが大切です。
48時間を過ぎると、全身にインフルエンザウイルスがまわってしまうので、それからリレンザを使っても、効果を実感することは出来ません。
インフルエンザの前兆があらわれたときに使ってこそ、効果を発揮できる薬で、予防にも治療にも効果を発揮しますから、いつ感染しても対処できるよう、個人輸入代行通販で購入し、自宅の救急箱に入れておくようにしましょう。