インフルエンザ予防にはリレンザ

リレンザの適応年齢

近年、小児のインフルエンザ治療薬では、タミフルやリレンザ吸入薬に加えて、イナビル吸入薬、そして、重症患者の場合には、ラピアクタ点滴薬など4種類の治療薬がありますが、シンメトレルは耐性ウイルスを誘導しやすいため、外来治療では第1選択薬とはなっていません。
そして、小児科では、インフルエンザと診断した場合、小児の年齢や、薬のメリット、デメリットなどを考えて治療薬の選択をしますが、抗ウイルス剤を希望する場合には、保護者と相談して希望する薬を選択するようになります。
また、リレンザ吸入薬は、自宅でパウダー状の薬を自分で口から吸入するという吸入タイプの薬なので、吸入になれていない小児の場合、小児科で吸入方法の指導を受け、確実に吸入できる場合のみ処方する場合が多いようですが、上手に吸入ができるかどうかをインチェックという簡単な医療器具で調べることもできます。
なお、それぞれの薬の適応年齢として、0歳~1歳未満では、タミフル内服薬、リレンザ吸入薬、イナビル吸入薬は使用不可で、1歳~5歳未満では、タミフルが推奨で、リレンザは使用不可、イナビルは奨められないとなっています。
また、5歳~10歳未満では、タミフルが推奨で、リレンザは使用可、イナビルは奨められないとなっていますが、10歳~20歳未満になると今度はタミフルが奨められない、リレンザは推奨で、イナビルは使用可となって、20歳以上では、タミフル、リレンザともに推奨で、イナビルが使用可となっています。
そして、インフルエンザは、普通の風邪とは異なり、肺炎や中耳炎などの合併症を起こすことも多く、なかには、インフルエンザ脳症のような重篤な合併症を起こすこともあり、さらに、新型インフルエンザでは、感染力が強いことから、急速に呼吸障害となることがあることが特徴的なため、早期の治療が肝心です。

■症状に気付いたらすぐに治療を
インフルエンザ 治療